読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山内ブログ

(´ρ`)

自己重要感

自分が人生を生きる上で何が大事なのか。

何を大切にしているのか。

何を愛しているのか。

何を成し遂げたいのか。


それは人によって違う。
でもきっと、それをハッキリと自覚して、日々生きているという人は案外少ないんじゃないだろうか。

僕もその一人だ。
他人が作った基準、目標、優劣、レールを刷り込まれて、無意識的に決められた【正解】にそって生きている。

でも深いところでは自分本来の性質というか、自分の感情、感覚と反しているのを感じているからなのか、ただ過ぎていく毎日に意味を見いだせなくなったり、だんだん疲れてきて、倦怠感を抱いてしまう人も多いんじゃないかと思う。

この段階で3種類の人間に分かれる。

1.そのまま世間の常識を正とし、これが当たり前だと言い聞かせることで、何か違うという疑問を消してしまう人。

2.このままではいけない、自分の人生を取り戻すべく行動し、自分軸の人生を切り開いていける人。

3.このままではいけないと気付くも、自分に自信もなく、何をしたいのか、何からすればいいのかわからず、結局行動できない変われない自分を否定し、更なる自己嫌悪に陥る人。
また、このタイプの多くが自己啓発やスピリチュアルに傾倒してしまう。


①は問いを持つことすらを止めてしまうので変わることはない。ただそのことで悩み葛藤することを避ける。

②はきちんと自分と向き合うことができ、やりたい事が明確、且つ行動力がある。自己重要感も高い。

③は現実を変えたいと強く思っているが、それ以上に変化する事への恐怖心が強い。(潜在的には今のままでいるメリットの方が強い。)


僕は完全に③タイプだ。
自己重要感が圧倒的に低く、他人にどう思われるかを基準にし、変化を恐れ、変われない自分を責めている。

発信者がこんなことを言ったらどうしようもないかもしれないが、事実だから受け止めなければいけない。
いまの自分の位置を受け止めなければいけない。

「他人に好かれようとして何かをしない」
こういう言葉を聞くと、そうだそうだ!
と思うし、それを意識して生活しようとするが、結局他人に嫌われたり攻撃されたりするの恐れが強く、実行することができない。

変わる事への意思よりも
嫌われない、攻撃されない、傷つかない等、今のままでいるメリットが優先される。これが無意識的に働く。

それもこれも、自己重要感が低いことが起因してると思うんです。

自信がない。


深い意味で自信をつけるということは最重要であり、そして簡単なことではないと思ってます。
自己啓発本をちょろっと読んだり、セミナー行きましたくらいじゃ自信なんてつかない。

じゃあどうすればいいのかな。

うーん。。

できない自分はダメなヤツ?

こんばんは。
山内です。

いま丁度仕事が終わったところです。


………疲れたっ。。笑

今日はちょっと弱音をはきます。笑

僕の働いている業界はブライダル企業なのですが、ホテルウェディング形態の事業所に所属していて、ちょうど一月前まで、5年間ホテリエをやっていました。

そして今月からブライダル関連の渉外業務を行う部署に自らの希望で異動になったのですが、いかんせん現場のことはわかりません( ^ω^ )
取り敢えず勉強してこいということで、忙しい週末だけ営業フォローに入ることになったのですが、これがかなりキツいんです。
新卒の登竜門的な体力勝負の仕事。

今までホテル部の上役として、売上を管理し、指針を出し、メンバー管理をしていた自分が、全くわからない現場にポイッと入って、要領が分からずに若い子達に怒られてるわけです。笑
朝早くから夜遅くまで動きっぱなしなのでもうこの時間には死にそうなくらいクタクタになるのです。
そんで僕はかなりの人見知りで、心を開ける人でないと自分をさらけ出せないんです。で、無愛想になるわけではなく口下手になるんですが逆にニコニコ笑顔を振りまいて、嫌われないようにと無意識にしてしまう。これがヤバイ笑
もう完全に弱気モードですよ。

でね、全然できない、分からない、コミュニケーションも下手くそな自分に、ものっ凄くストレスを感じてるんですけど、
客観的にみてみると、やっぱり「できないこと」が悪いことじゃないんですよね。
そりゃ大きなミスしたら怒られますよ。

でも、「できない」「全然上手くいかない」「怒られた」ことで

【そんな自分はダメだ】
【周りにダメなヤツだと思われてる】
【情けない】

って勝手に解釈して、自己卑下して、小さくなってるのは他でもない自分自身です。

それはきっと僕の中に

仕事ができるやつ=正しい
仕事ができないやつ=ダメなやつ
コミュニケーションが上手=正しい
コミュニケーションが下手=ダメなやつ

ってゆう固定観念が染み付いていて手放せないからなんですよねきっと。

思い返せば最初ホテリエになりたての頃も、社会人経験もなくて右も左もわからず、コミュニケーションもうまく取れず、めちゃくちゃ辛かったんですよ。
しかも1年くらい馴染めませんでしたからね。1年ですよ。同じ部署の人たちなのに。笑っちゃうでしょ。ずっと自己卑下してましたね。
でも子供もいたから辞めるという選択肢はなくて、兎に角そんな自分なりに一生懸命頑張りました。
周りから嫌われるタイプではないので、笑顔が素敵で真面目に頑張る山内君みたいな感じで思われてたんだろうな。
で、順調に出世して売上を引っ張れるようになり、部下にも割と信頼されて、ゲスい自分も出せるようになった。
一見自信がついたように見えます。

できない自分=人としてダメなやつ
から
できる自分=人として正しい

になったから。

でも、コロッと環境が変わって

またできない自分=人としてダメなやつ

に変わってしまっている。

これで自信がついたと言えますか?

やっぱ
できない→できる
は本当の自信には繋がらないんだろうなー。

結局セルフイメージ、自分のそのままの価値は低いままだから。

そこが低いままで、外側のところで頑張って頑張って努力しても、それが使い物にならなくなれば、元に戻ってしまう。裸に戻ってしまう。

じゃあどうすればいいんでしょうか。
裸の自分を愛せるようになればいい。
自己価値をあげればいいんです。

じゃあどうすればそういうあり方ができるのか………。


しばらく向き合ってみます。

サラリーマン洗脳

こんばんは。山内です。

今会社の帰りの電車に揺られてjazztronik聞きながらブログを書いています。帰宅時間はリセットタイムです。

今日会社の営業会議に参加したのですが、上期の事業所の業績がかなり悪く、営業チームにむけて、支配人からこれでもかってくらい責任の重さを感じるように伝えられるわけです。

ブライダル業界なので、新規営業の業績によって、そのまま他部署の業績に影響が加わるので、全員の評価も担っていると、簡単に言うとそういうことです。

僕は営業ではないので、客観的に聞いていたのですが、そこで思ったことは、


言われることをそのまま言われていることを真実として受けてはいけないな。

上司に詰められることで決して、自己価値は絶対に下げてはいけないな。

ということです。

もちろん、企業なので売上、利益を出し、予算を達成しなければならないことは必然です。そういうものです。
そして、そこに属している以上、そのように教育し、教育されることも当然のことと思っています。
そうして企業はこれは正しい!これは間違い!ということを明確にして社員を洗脳しようとするわけです。

だからこそ、サラリーマンはその事を俯瞰してみる必要があるし、前提として理解しておかなければいけないと思うんです。

実績が出せなくて、ゲキ詰めされて、自分はなんてダメなんだと、自己卑下して淘汰されて、やめていく人はよくいます。
もしくは目標予算を達成し、来期にはさらに高い予算が組まれ、ということが永久的に繰り返される。それが楽しくて仕方がないという人にはなにも問題ないですが、次第に疲れ果てて体が強制終了してしまうケースもあると思います。

こういう人というのは、洗脳されてしまっていると思うんです。
企業に属する人間として、というよりもこの現実においてこれが正しいと思い込んでしまっている。そしてそれに該当しない自分には価値がないと思ってしまうわけです。

当たり前なんですけどね、人としての価値とは全く関係ないことなんて。
でも気づいたら自分を必要以上に責めてしまう、卑下してしまうというのはよくあることだと思ったので書きました。

偉そうに書いてますが自分も数ヶ月前までノックダウンしてた口です…笑

ただ、自分がどうしてもやりたい事、本気で達成したいことが未達に終わった時は、めちゃめちゃ悔しいだろうし、なぜダメだったのか?どうすれば上手くいくのか?と問い続けることはとても大切なことだと思うし、その作業すら楽しいと感じるのではないでしょうか。

さて、家に着きました。
腹減った〜。

おやすみbgm♫
「闘え!サラリーマン」

ジャイアン出生秘話

こんばんは。

山内です。


今までアメブロでブログを書いていましたが(たまにですが…笑)
はてなブログのシンプルさに惹かれてお引越しすることにしました。

まず自分がどういう人間なのかをちょっと知ってもらう為に、簡単に自己紹介を。

年は26歳のブライダル業界に属するサラリーマンです。
若くして子を授かり、今では3歳と5歳の2児の父親をやってます。
特技は小1からやってるフルコン空手と学生時代にドラムをやっていて音楽が大好きです。
nujabesuyama hirotoなんかのjazz hip hop
FPMやjazztronikなんかのハウス
THE BONEZや凛として時雨バンアパHAWAIIAN6なんかロック、パンク系

自分は日本人的な感性が好きなので結構邦に偏ってます。
洋楽だとアークティックモンキーズとかMUSEが大好きでほぼUKばっか聴いてます。
またこのブログでもMV貼ったり楽曲紹介したりもしよっかな。


自己紹介はこのくらいにして
このブログを通してなにを伝えたいのかといった部分。
ガッチリ固まってるわけじゃないですが
当面のテーマは

「自分主体の人生を生きる」

ありきたりですよね。
自己啓発の世界では決まり文句のような言葉ですよね。


でもやっぱり自分と真剣に向き合った時

自分の土俵で生きているのか
自分に価値を感じているのか
どんな形であれ自分を表現できているのか

疑問を持ち、壁にぶつかるはずです。
そして自分主体の人生を生きたいという思いが芽生える。

では発信者である僕が、自分のやりたい事を見つけ、仲間やメンターがいて、夢に向かって邁進し、毎日幸せを感じているかといえば、全くそんなことはなくて
いつも好きな方々の発信した情報や本を読んだり、たまにセミナーにいったり、もしくは普段の生活で気づきを得たりして、それを実践したり、しなかったりする(笑)ごく普通の庶民です。

なぜそのごく普通の庶民がこんな発信をするのかというと…
まず第一に、ただ、したいからです。
普通のサラリーマンが啓発的な発信をしてなにが悪い!といった感じです。笑

ただ出来るだけ、自分の言葉でかきたいなーとは思ってまして
他から得た知識や情報を他人の言葉で書いてもただの猿真似だしなんの理解も伴わないと思うので
自分で考えて、自分で噛み砕いて、自分で解釈して、そしてこのブログで繋がる人達に自分の言葉で伝える。
学んだ事をアウトプットする訓練でもあります。

次の理由は
自己啓発的な発信って、もちろん全てじゃないですが、割と独り身の人が多いと思うんです。
少なくとも、いろんなことにチャレンジして、超でかい失敗とかして、メンターに弟子入りして、とか成功談としてよくあると思うんだけど
そういう成功前の段階の時って良くも悪くも独り身で自分の事に集中できる環境にある場合が多いんですね。

ただやっぱり
俺って自分の人生生きてんのかな?
って一旦立ち止まる時って
すでに子供もいて、家庭持ってて、色んな意味で身動き取りづらい状態の人もめっちゃ多いと思うの。
で、結果諦める人がほとんど。
家庭を守らなきゃいけないからって。

そんなの言い訳してるだけだ!とか
覚悟だマインドセットがなんだって
確かにそれは真実かもしれないけれど
この状態にいる人にとっては説得力がないわけですよ。
思い込もうとすることはできても、現実的に無理だと思うんです。
失うものはなにもない!みたいな勢いで成り上がった人に言われてもね。笑

だから、そんな境遇の自分が
自分を、人間を、心を学びながら、それをブログで発信して
このテーマとなるような生き方ができるようになっていけば
それは多くの人を勇気づけられるのかなーって思うわけです。


眠たくなってきたので
取り敢えずこんなところで。
ちなみにタイトルに意味は特に、ないです。

おやすみbgm♫
「bacon and eggs」