読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山内ブログ

(´ρ`)

離婚。代償。そして決意。

今日、一週間ぶりに息子達に会った。


家に入ると、無邪気に喜んで出迎えてくれて

元気で良かったと、一度ホッとした。

ただその後ご飯を食べに行って、動物園に行ったんだけど
5歳の上の子はやっぱりどこか元気がなくて
急に黙り込んだり、悲しい顔をしていた。

動物園の中にある、あひるボート。

帰る時に乗りたがっていたけど
閉園時間になって既に締め切られていて乗せてあげられなかった。
上の子は泣きながらグズった。
僕は諭そうともせず、叱ることもせず
ただ泣いている息子の頭を撫でた。
息子はきっと、あひるボートに乗れなかったことに対してぐずっている訳ではないと思ったから。
きっと寂しいから。
少しでも甘えたかったんだ。




帰りの途中で子供達は寝てしまい
家に着いた後、簡単にご飯を作って子供達を起こした。
眠い目を擦りながら、黙って少しずつ食べ始める。

「明日起きたら、パパはいるの?」

急に聞かれて、僕は何も言えなかった。
上手い言葉がでてこなかった。


息子は静かにポロポロ泣きながら言った。

どこにも行かないで。
ずっと一緒にいてほしいよ。
3人家族は嫌だよ。
家族4人で暮らしたいよ。


上の子はもう理解していたんだ。
今までの家族生活が終わろうとしていることを。

今までの癇癪的な泣き方とは明らかに違い、僕の胸の中で静かに、大粒の涙を流して泣いていた。


どれほど悲しい思いをさせたんだろう
どれほど苦しかったんだろう
どれほど傷つけてしまったんだろう


僕も泣くのを我慢できなかったけど
思いっきり抱きしめて、出来るだけ安心できるよう語りかけた。

下の3歳の息子はまだよく分かっていないようで、泣いている兄を心配そうに見ていた。


そして、帰る時間がきた。

子供達に気づかれないうちに、こっそり家を出ようとしたら
嫁から「泣いて嫌がるかもしれないけど、ちゃんと言ってあげたら」と言われ
息子に帰ることを告げた。

息子はうんと頷いて
「○○(息子)とパパはいつもハートで繋がってるんだよね」

僕はニッコリ頷いて、家を出た。



僕は耐えきれずに車の中でしばらく泣きじゃくっていた。

上の子は普段こんなに聞き分けのいいタイプではない。
完全に無理をしていた。
まだ5歳の子供が。


僕は一生償わなければいけないと思った。

もう一緒には暮らせなくなるけれど
これから何かあった時は
息子が自分を必要とした時は
真っ先に会いに行って助ける。

何があっても愛し続ける。

そして一番は
僕自身が絶対に幸せであろうと決めた。
虚しく罪悪感に満ちた人生を送るのではなく
しっかり自分の道を堂々と歩んで
そんな姿を見せて、伝えていくとこが
息子達への一番の償いになると思ってる。


息子達が大人になって

一緒に酒を交わす時も

バカな夢を

本気で楽しく語り合えたらいいな。